宝輪健康経営優良法人2019
HOWA津中央ビル・津営業所ZEB化完了
ZEB

平成31年12月、HOWAビル津中央、宝輪津営業所の2棟のZEB化が完了しました

ZEBってなんだろう

「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」の略で「ゼブ」と読みます。

ZEBには以下のランクがあります。

  • 一般的な建物と比べ、省エネを50%達成した建物が「ZEB Ready」
  • 75%達成した建物が「Nearly ZEB」
  • エネルギー収支ゼロを達成した建物が『ZEB』
  • 2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指す」 という目標が定められており、この目標達成のための一つの手段として、経産省・環境省主管のネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業があります。宝輪はZEBプランナー三菱電機株式会社様にご協力頂き、 この実証事業における平成30年度の事業公募において、HOWAビル津中央・津営業所の2件のZEB化事業を申請いたしました。その結果、双方の事業とも採択を受けることができました。

    スケジュール

    2017年10月 三菱ビルテクノ・三菱電機からZEB補助金についてのプレゼンを受ける

    2017年11月 社内チームを立ち上げ、勉強会や検討を重ねる

    2018年4月  ZEB補助金の申請をすることを決定

    2018年5月  申請書提出(相談会・ヒアリングなど)  

    2018年6月  津中央ビル補助金交付決定

    2018年7月  津営業所補助金交付決定

    2018年8月  津中央ビル工事開始

    2018年11月 津営業所工事開始

    2018年12月 津中央ビル・津営業所工事完成 BELS申請

    2019年1月  津中央ビル完了後現地調査

    2019年2月  津営業所完了後現地調査

    2019年3月  津中央ビル・津営業所交付額決定・入金



    日本初の既設テナントビルのZEB化事例 HOWAビル津中央(ZEB Ready)

    工事着手前

    HOWAビル津中央は津市中央部に位置するテナントビルで、周囲には津市市役所・裁判所・NHK等があります。 テナントビルのZEB化は、快適性の向上と電気代の削減という観点から入居者様にとって非常に高いメリットとなるはずです。 テナントビルのZEB化というのは非常に珍しい事例とのこともあり、チャレンジしたいと考えました。

    完了後

    HOWAビル津中央は、そもそも省エネ化のため共用部の照明はLEDにしていました。 今回の工事では、テナント様居室照明をLED化し、空調を高効率のものに更新したというのが大きな変更です。 居室部分の電気使用量も概ね3分の1程に削減が出来たということで、ビルにご入居いただいている皆様に喜んでいただいています。


    結果的にこのビルは、既設テナントビルの初のZEB化事例となることができました。

    テナントビルは入居者がいること、居室部分の電気使用量削減がオーナーのメリットとならない(電気代としてテナント様に請求している場合)ことから、 なかなかZEBが増えないという現状があります。

    HOWAビル津中央の工事の際にはテナントの皆様にご理解とご協力を頂き、しっかりとした工程管理をすることで、既設テナントビルの「居ながら」改修を無事完了することができました。


    三重県初の Nearly ZEB 津営業所

    工事着手前

    津営業所は宝輪の総務・経理部門が在する建物なのですが、デザイン性が高く、宝輪の象徴のような建物となっていて、お客様も沢山お越しいただいています。

    この津営業所は、既設建物ながらZEB化に取り組めばNearly ZEBを達成できると三菱電機様からお聞きしました。 Nearly ZEBは全国でも数がなく、また既設建物のNearly ZEBの例は希少であるということから、微力ながらZEB推進の一助になればとの思いで、今回ZEB化に取り組むことに いたしました。
    完了後

    津営業所も三重県初のNearly ZEBとして無事工事を終えることができました。

    津営業所は太陽光パネルを備え、照明設備をLED化し、エアコン機器を高効率のものに変え、給湯器もエコキュートにするなど大幅な設備更新をしました。

    電気使用量も半分程に抑えられ、ZEBの達成度は「Nearly ZEB」のランクを達成しているのは勿論、より「ZEB」に近いぐらいのデータが出ています。


    今回のZEB化により、お客様の「ZEBって何?」という質問にも答えられるよう従業員もZEBについて皆で勉強をしています。 ZEBの状況等を可視化し、お客様にも興味を持っていただくため「見える化モニタ」を置いているのですが、工事完了後、お客様をはじめ沢山の方に興味を持っていただきました。

    2019年には週刊ダイヤモンド(9月24日号)や日経ビジネス(9月21日号)中部経済新聞から取材を受け、三菱電機HP、三菱ビルテクノサービス機関紙でも、宝輪の事例を動画で取り上げていただいています。

    同年12月には環境省と三重県が主催の「脱炭素経営・再エネ導入セミナー」の百五銀行様から推薦を頂き、今回の宝輪の事例発表もしました。

    最近では2020年4月には日経クロステック内の省エネネクスト(下記に記事リンクがあります)の取材も受けました。 その他、他社様から直接見学の申込をいただくこともあり、完成以来、ZEBについての注目度がますます上がっていることを感じます。





    総括

    省エネ、創エネでエネルギー収支をゼロにするZEBは、次世代ビルを形にしたものです。 新築のZEBは増加傾向にありますが、来るべき脱炭素と省エネ社会の達成のためには、新築より難しい既設の建物の省エネ、ZEB化こそ取り組まなければならない課題となっています。

    今般、宝輪はこの難題に正面から取り組み、自社ビルのZEB化をしました。この経験は宝輪にとって大きな財産です。宝輪はZEBのみに限らず、今後も省エネ、環境問題に全力で取り組んでまいります。


    HOWAビル津中央・津営業所に導入、又は更新した機器

    空調機・照明器具(LED照明)・BEMS・太陽光パネル

    高効率ヒートポンプ給湯器・みえる化モニタ(ZEB達成グラフ・PR画像を流すもの)

       ZEB

    ※ZEB化の詳細や、ZEB実証事業については、以下のページをご覧下さい。

    宝輪の事例はこちら

    「ZEBソリューション 導入事例 HOWAビル津中央」三菱電機株式会社

    「テナントビルを「居ながら改修」HOWAビル津中央(前編)」日経クロステック

    「ZEB改修で企業価値の向上を実感 HOWAビル津中央(後編)」日経クロステック


    ZEBについて

    「先進技術を結集せよ ZEBを支える技術」三菱電機株式会社 「ZEBロードマップとりまとめの内容を分かりやすく図示しました」経済産業省 資源エネルギー庁 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(経産省ZEB実証事業執行団体) 一般社団法人 静岡県環境資源協会(環境省ZEB実証事業執行団体)
    ページのトップへ戻る