宝輪健康経営優良法人2019
ホワイト物流推進運動に賛同しています
ホワイト物流推進運動賛同企業

物流事業改革を通してよりよい社会の実現を目指します

ホワイト物流宣言とは

トラック乗務員の過重労働を防ぐため国土交通省、経済産業省、農林水産省の3省が連携して取り組む運動です。
運動の目的
 

①トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化

②女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現


運送会社である宝輪にとって、乗務員の健康と安全を守ることは最重要課題のひとつです。

宝輪は他社に先駆けていち早く安全・品質課を設置し、作業の安全追求と乗務員の事故防止に力を注いできました。

近年では、効率的で乗務員の負担の少ない輸送を実現すべく、健康事業所宣言や、運送実験の開始等、様々な対策をたて、物流事業の改革に取り組んでいます。

物流事業に携わっているのは事業者だけではないため、事業の改革には、荷主、納品先、利用者等、社会すべての方の協力が不可欠です。

物流の安定化と、乗務員がより働きやすい労働環境の両立を願い、宝輪もこの「ホワイト物流推進運動」に賛同し、物流事業改革を通してよりよい社会の実現を目指します。

宝輪の取組

物流事業改革のため、宝輪では次の項目に力を入れて運動に取り組みます。

効率化
荷待ち時間や手作業での荷おろしの削減などを行い、効率的な輸送を実現します。物流の生産性向上のため、取引先等からの要請があれば真摯に協議に応じ、自らも積極的に提案を行います。
安全性の確保
安全パトロールや安全講習、小集団ミーティングを行い、常に安全確保と品質向上に努めます。荷役作業の際は作業手順の明示、通路の確保を行う等、労働災害防止策を講じます。異常気象時等に無理な運送依頼を行いません。
法令順守
法令を順守し、残業時間の上限規制に真摯に取組みます。運送契約明確化のため、契約書を書面にします。万が一事故が発生した場合には、損害賠償責任の明確化を図ります。
労働環境改善
独自の介護支援制度や業務調整等により、従業員の事情に合わせた働き方を支援し、従業員が安心して活躍できる働きやすい労働環境実現に取組んでいます。
環境保全
省エネ・輸送効率化向上に努め、本社ではISO14001を18年連続取得。  所有テナントビルと、津営業所のZEB化(ゼロエネルギービル)に  取組みました。
女性活躍
部署を越えた女性従業員が意見交換を行う女性活躍委員会を設置。三重県トラック協会女性部会に所属し、女性職員の教育の一環として研修等への積極的参加を行っています。
従業員の健康
従業員の心身の健康のため、健康経営を宣言。健康評価の導入、健康診断率100%、希望者への健康指導やスマートウォッチの配布等、従業員の健康問題に取り組んでいます。

※ホワイト物流推進運動詳細については、以下のページをご覧下さい。

ホワイト物流推進運動 ページ
ページのトップへ戻る